博多三大祭りの一つ、放生会で秋を感じてみませんか?

2017年9月12日から、福岡市東区で“放生会(ほうじょうや)”が始まります。

期間:12日(火)〜18日(月)
時間:午前10頃〜午後9時頃(露店や行事によって異なります。)

放生会とは、神事や神賑わいの行事で
“万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する”
もっと分かりやすく言えば、“無駄な殺生はせず、生命に感謝をしよう”
という意味合いのもとで行われるお祭りです。

イメージ写真

このお祭りは、千年以上も続く伝統ある行事で毎年、福岡市東区の“筥崎宮(はこざきぐう)”という神社で行われます。
参道には約500件もの露店が立ち並び、中へ入っていくと、座って飲食できる場所が沢山設けてあるので、ちょっとしたビアガーデン気分を味わえます。
露店によっては、12時頃まで開いているところもあり、良心的なお店がたくさんあります!
(※ただし最終日は、早くにお店を閉めるところも多くありますので着いた頃に『あんまりないね・・・・』とならないようにお早めに!)

イメージ写真

風潮により少しずつ変わってはきましたが、見世物小屋やお化け屋敷、輪投げ、射的など
どこか懐かしさを感じさせるお店もあります。

この機会に“無駄な殺生はせず、生命に感謝をしよう”という事を考えながら参加してみるのもいいかもしれないですね。

イメージ写真

・・・・・・ちなみに、毎年、福岡ソフトバンクホークスがキャンプ前に
優勝祈願に行く神社が、放生会が行われる筥崎宮です。
いよいよシーズンもクライマックス!
優勝も目前!!!!
頑張れホークス!!

スタッフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です